(株)ケイフィールズが運営する自然栽培情報サイト 自然栽培ファンクラブ Natural Farming Fan Club

  • 初めての方へ for Beginners
  • 会社案内 Company
  • イベント・セミナー Events,Seminars
  • 社会貢献 Contributions
トップページ > ニュース, レポート > 大阪府内で木村式自然栽培に挑戦~田植リポート

大阪府内で木村式自然栽培に挑戦~田植リポート

2013年06月24日 配信 | ニュース, レポート

自然栽培大阪府木村式自然栽培実行委員会が主体となり進められている「できる範囲からはじめる木村式自然栽培」。このプロジェクトでは、農業経験の少ない都会暮らしの人たちが集まり、米や野菜の収穫を目指している。

【写真】田植え終了した後の田んぼ。今回植えた「朝日米」という品種には、少量の水が適しているという。

●第一回リポート記事「見学者&体験者募集」 ●第二回リポート記事「代掻き(田植えに備えて田んぼに水を入れる)」

 

大阪市内から車で約1時間。阪南市の「自然田」という地域の中で、おそらく最も小さい田んぼと思われるのが、同プロジェクトの「木村式自然栽培の田んぼ」だ。ここでは空飛行するツバメや、サギ、カエル、カブトエビ等、都会ではなかなか触れ合う機会のない動物の姿を目にすることができる。

この4畳半ほどの小さな田んぼで、6月22日(土)、田植えが行われた。大阪府内や兵庫県等、さまざまな地域から体験を希望する人が訪れ、冷たい水と泥の感触を楽しみながら、約1時間の作業を行った。溝の補強や草刈り等もすべて手作業。「自然の中のフィットネスですね。」と、参加者の一人が笑顔を見せながら感想を述べていた。

自然栽培【写真】まっすぐに張ったロープに沿って「疎植」を行う人たち。

同委員会では今後もプロジェクト参加者を募集していくとのこと(見学や体験のみでもOK)。次回の実施は6月30日で、チェーン除草が予定されている。

 

 

 

<参加した人たちの感想>

●「裸足で田んぼの中にいると、足の裏から毒素が出ていくような感じだった。ストレス解消で、一週間分のデトックスができた!」

●「田植えは初めてだったけど楽しかった。また日程が合えば来たいです。」

●「大人でも泥んこ遊びができる。子供も連れてきたいと思った。」

 

<問い合わせ・詳細はこちら>

大阪府木村式自然栽培実行委員会「できる範囲からはじめる木村式自然栽培」プロジェクト

<関連リンク>

大阪府木村式自然栽培実行委員会のブログ

自然栽培・オーガニックのお店 K-FIELDS ONLINE SHOP
企業様へ 業務用でお求め 飲食店・小売店・学校法人・福祉施設・福利厚生・講座開催 等 詳しくはこちら
生産者の声をお届け 生産者のご紹介
  • バックナンバー