(株)ケイフィールズが運営する自然栽培情報サイト 自然栽培ファンクラブ Natural Farming Fan Club

  • 初めての方へ for Beginners
  • 会社案内 Company
  • イベント・セミナー Events,Seminars
  • 社会貢献 Contributions
トップページ > ニュース, レポート > まずは稲と雑草の区別から~大阪で木村式自然栽培にチャレンジ

まずは稲と雑草の区別から~大阪で木村式自然栽培にチャレンジ

2013年07月09日 配信 | ニュース, レポート

■「できる範囲からはじめる木村式自然栽培」の第5回リポート(詳細は記事下部の関連情報を参照)

木村式自然栽培2013年7月7日の炎天下。大阪の木村式自然栽培の田んぼには、10名の都会暮らしの人々が集まった(今回は、インターネットやクチコミを通じ、6名の方が初参加となった。)

「今日はとにかく暑いので、午前中までの作業にしましょう」というリーダーの呼びかけにより、約2時間半の作業が行われた。【写真】大阪府阪南市にある木村式自然栽培の田んぼ。朝日という品種が植えられている。

 

t02200124_0800045012603635487

主な内容は熊手による除草と、畑作りのための草刈り。

参加した女性の方は「ガマ」を刈り取り、「いつもは買っていたのに、手に入ってラッキー!家に飾ります」と喜びを見せていた。

【写真】80代の男性も鎌を持って畑の面積を広げる作業に加わった。

 

 

木村式自然栽培

途中、「これ、稲ですかね」「これって雑草ですか、刈ってもいいでしょうか」という声もあがるなど、和気あいあいとした雰囲気の中、訪れた人たちは初めての農作業を楽しんでいた。

主催団体のスタッフは「プロの方から見れば、『何を当たり前のことを質問しているんだ?!』と思われるかもしれません。でも素人だからこそ、わからないことが素直に聞ける。たくさん失敗をしながら、真剣かつ等身大になれるのがこの田んぼの良さだと思っています。」と語った。

【写真】田んぼの中はまさに満員御礼。

 

同委員会では今後もプロジェクト参加者を募集していくとのこと(見学や体験のみでもOK)。次回の実施は7月13日で、熊手による除草や、畑の草刈り等が予定されている。

 

 

 

 

<問い合わせ・詳細はこちら>
●大阪府木村式自然栽培実行委員会「できる範囲からはじめる木村式自然栽培」プロジェクト
●過去のリポートはこちら ・第1回:代掻き/第2回:田植え/第3回:除草と畑作り記事/第4回:除草と草刈り

 

<関連リンク>

大阪府木村式自然栽培実行委員会のブログ

自然栽培・オーガニックのお店 K-FIELDS ONLINE SHOP
企業様へ 業務用でお求め 飲食店・小売店・学校法人・福祉施設・福利厚生・講座開催 等 詳しくはこちら
生産者の声をお届け 生産者のご紹介
  • バックナンバー